合法なサービス|Liv.52 DSで肝臓をきっちりケア/個人輸入代行で手軽に購入

Liv.52 DSで肝臓をきっちりケア/個人輸入代行で手軽に購入

Liv.52 DSの購入はこちら>>
青い錠剤

合法なサービス

個人輸入代行は医薬品を通販感覚で購入できるサービスです。
通販サービスは私たちの生活にもはや必要不可欠と言えるものとなっており、わざわざ店舗にまで商品を買いに行かずとも好きなモノをネット購入できるようになっています。
最近では通販サイトでしか購入できない限定商品や、通販サイト限定の特典がついているなど、どんどん通販サイトの利用を促進する動きが目立っています。
何かしらの病気や症状を治療したい場合も同じで、個人輸入代行を利用することで通院することなく簡単に医薬品を購入できるようになっています。
おかげで個人での治療が手軽にできるようになっているのですが、そもそもネット上で医薬品を購入することは違法行為にならないのでしょうか。

医薬品の中には処方箋医薬品に指定されているモノがあり、こちらを購入するためには医師が出す処方箋が必須となります。
しかし、個人輸入代行を使ってネット上で医薬品を注文した場合、処方箋を持たない状態で医薬品を購入することになります。
そう考えると違法な行為にも思えてきますが、個人輸入代行で販売されている医薬品はすべて海外から輸入したモノですので、日本の薬事法が適用されることはありません。
日本国内で処方箋医薬品に指定されている医薬品だったとしても、海外で販売されている医薬品にとっては関係のない話なため、ネット上で購入してしまっても問題になりません。

また、「医薬品を輸入する」という行為についてですが、これについても海外の医薬品を個人輸入することは許されています。
個人で利用するため、というのが前提条件になりますが、医薬品の輸入も合法となります。
こうした理由から、海外から輸入した医薬品をネット上で購入したとしても、この行為に関して違法性はまったくなく、安心して好きな医薬品を注文・購入できるのです。